作画監督、キャラクターデザイン、原画、動画チェック、動画、あわせて、50名を超える社員アニメーターが働いています。
作画部では、日々、JC作品の作画クオリティーを保つための努力が続けられています。
2015年から、新たにデジタル作画チームが編成され、本格的にデジタル作画への取り組みを開始しました。


・キャラクター設定 
   キャラクター の容姿、服装、ポーズ、表情などが描かれた設定表です。
・絵コンテ
   各カットの構図やカメラワーク、演技や台詞などを、コマ割りの絵で描いたものです。
アニメを作るための設計図とも言えます。
・レイアウト
   絵コンテに基づいて、キャラクター・背景などの構図や、カメラワークの指示などを描いたものです。
・原画
   絵コンテやレイアウトに基づいて、各カットの動きのキーとなる絵を作画したものです。
・作監チェック
   作画監督がレイアウトや原画に修正を入れ、作画のクオリティの統一と底上げを行います。
・動画
   原画を清書(クリンナップ)し、原画と原画の間を補完する絵(中割り)を追加したものです。
・動画検査(動画チェック)
動画に不備が無いかを検査し、必要に応じてリテイクを行います。


大木 良一  1988年入社
【 代表作 】 キャラクターデザイン:『快盗天使ツインエンジェル』『ぽてまよ』
総作画監督:『じょしらく』『はやてのごとく!!』他 作画監督:『監獄学園』
原画の仕事は「画面」を創る事です。カメラ・アングルを決め、その内で人物、メカ、自然現象、風景等全ての物に「芝居」をさせます。
デジタル撮影やCGが多用される昨今ですが、作画の不備をそれらに補ってもらうのではなく、「自分で十二分に創り込んだ絵に、プラス要素として他の力を注入してもらう」位の気概を持って作業に臨んでいます。演出から仕上、美術、撮影と全てが社内に揃った環境だからこそ「ただ絵を描いているだけ」ではすみませんが、とてもやりがいのある仕事です。

藤井 昌宏  1997年入社
【 代表作 】 キャラクターデザイン:『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』『ゼロの使い魔』
総作画監督:『ヘヴィーオブジェクト』『ゴールデンタイム』『とある科学の超電磁砲』
約20年間、J.C.STAFFに所属し作画の仕事をしています。
キャラクターデザイン、総作画監督等の役職も多く務め、その経験を活かし、今はグループ長として後進の育成にも力を注いでいます。
絵はもちろん、組織としてアニメを制作する事の大切さを伝えているつもりです。その中で自分自身も、新しい力に刺激を受けています。
上から学び、下から教わる、をモットーに日々精進しています。

木本 茂樹  2001年年入社
【 代表作 】 キャラクターデザイン:『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』
総作画監督:『とある科学の超電磁砲』『とある魔術の禁書目録』『変態王子と笑わない猫』
作画は作品を作るにあたり、一番多くの時間を割いている仕事です。その分大変ですが、完成した時の達成感は大きいと思います。
アニメーターを長く続けて来て、キャラクターデザインや総作監等大きな仕事を任される様になり、その達成感はより大きな物になりました。
現場ではグループ長を任されている事で、責任を感じ、大変ながらも日々充実しています。

荻野 信子  1987年入社
【 代表作 】 動画検査:『劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ』『劇場版 selector destructed WIXOSS』
『食戟のソーマ』『監獄学園』『まじもじるるも』『ウィッチクラフトワークス』他
弊社では多様性のある原画スタッフが数多く在籍していますが、全員が動画の経験を持っており、基礎技術に培われた高いクオリティで活躍中です。
私の仕事は社内作品の動画検査を行うと同時に新人動画スタッフの成長の手助けをする事です。
社会人としても新人である若手スタッフの日常に寄り添いながら技術だけではなく、会社のルールや現場モラル等も身に付くように、きめ細やかで丁寧な指導を心掛けています。

鵜川 浩至  2011年入社
【 代表作 】 動画検査:『劇場版 selector destructed WIXOSS』『ヘヴィーオブジェクト』
『食戟のソーマ』『監獄学園』『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』他
私は元々、手描きの動検をしていましたが、2015年からデジタル動検へと移行しました。
デジタル作画は、緻密な絵を確実に描いたり、3DCGに合わせて動かすなど、これまでの紙での作画が苦手としてきた部分をカバーしていく事が出来ます。
デジタルのメリットを効率よく発揮できるようにしていきたいと思っています。
もちろん、作画部では紙・デジタルを問わず、物の動きを理解し、いかに自然に見えるように描けるかを追求していく事を大切にしています。
◆ 梶谷 光春  1991年入社
【 作品歴 】 メカデザイン:『紺碧の艦隊』他  料理作画監督: 『食戟のソーマ』
総作画監督:『君と僕』『のだめカンタービレ』他  作画監督:『まじもじるるも』他
現在は作画部マネージャーとして、社員の指導・育成に従事しています。
今年プロ39年目に入り、JCで25年目になります。これだけ長くJCで仕事をして来られたのも会社の方針や方向性が、プロの現場として良い環境だったからだと思います。
近年、若手スタッフの育成がアニメーション業界でも課題になっており、弊社でもこの部分に重点を置いて、原画、動画、両方の育成に力を注いでいます。これは現在のJC作画部の最大の強みと考えています。ただし、現実の仕事はプロレベルを求められるのでとても厳しいです。


>>J.C.STAFF WEBサイト TOPへ © J.C.STAFF Co.,Ltd.