3DCGにより、従来の作画だけでは困難であった様々な映像を作成しています。
その対象は、キャラクター、メカニック、背景、特殊効果、カメラワークなど多岐に渡り、手描きの2Dアニメとの融合など、アニメ制作会社のCGセクションならではの新しい表現や技術の開発に取り組んでいます。

モデリング マテリアル・テクスチャ
リギング
シーン設定 アニメーション
 ・ モデリング ・・・ キャラクターの造形(表面の形状や骨格等)を作成します。
 ・ マテリアル/テクスチャ ・・・ キャラクターの質感やディテールを作成します。
 ・ リギング ・・・ キャラクターを動かす為の仕組み(リグ)を作成します。
 ・ アニメーション ・・・ 絵コンテやシートに基づいてキャラクターの演技を作成します。
 ・ シーン設定 ・・・ キャラクターの配置やカメラワーク、ライティングなどを決定します。


◆ 塩田 潤  1997年入社
【 代表作 】 『ヘヴィーオブジェクト』『監獄学園』『リトルバスターズ』『とある科学の超電磁砲』他
自分は当初、撮影としてJ.C.STAFFに入社し、撮影監督を何本か務めましたが、CG部を設立する際に立候補して撮影部から移動し、その後、マネージャーに就任致しました。
弊社のような総合制作会社の中にCGセクションがあるメリットは、素材の受け渡し相手の多くが社内部署・スタッフである事と、3Dの使い方をこちらから提案できる事だと思います。
「フットワークが軽く、作品に役立つ」スタッフの集団になることを目指し、日々精進しています。

應後 一貴  2012年入社
【 代表作 】 『selector destructed WIXOSS』『食戟のソーマ』『劇場版とある魔術の禁書目録』
『ウィッチクラフトワークス』他 
自分は入社当時から3Dの中でも背景関係の仕事をやってみたいと考えていました。2013年に上映された「劇場版とある魔術の禁書目録」を切っ掛けに美術部との直接的なやり取りをする機会が増え、今では3Dカメラワークや3D原図出しなど、多くの背景関係の作業を行なっています。
2015年からはグループ長を任せていただく事になりました。若手スタッフのそれぞれが持っているスキルを活かして仕事が出来るようにしていきたいと考えています。


>>J.C.STAFF WEBサイト TOPへ © J.C.STAFF Co.,Ltd.