1986年1月に現代表の宮田知行が、アニメのスタッフのための制作会社を! アニメを見る人のための制作会社を!とのポリシーを掲げ、現取締役社長の阿部倫久を含む4名で、OVA(※)専門会社として三鷹市下連雀にJ.C.STAFFを設立。
設立第一作目に、ビデオディスク用アニメーション『戦国忌憚 妖刀伝』を制作。
以後、毎年10タイトルを越えるOVAを制作。主なタイトルとして『クレオパトラDC』『アーシアン』『新キャプテン翼』『超時空世紀オーガス02』など。
1993年『紺碧の艦隊』の制作を開始。以降10年間にわたる長期シリーズとなる。
1994年に、初のTVシリーズ『メタルファイター・MIKU』を制作。同年、初の劇場作品『ダークサイドブルース』を制作。
この間に、社内に原画部、動画部、仕上部、美術部、撮影部の各セクションを創設。一貫した社内制作体制を作る。
1997年にTVシリーズ『少女革命ウテナ』を制作。以降本格的にTVシリーズの制作を開始する。
2002年に、現在の武蔵境スイングビルにスタジオ移転。2004年、3DCGとデザイン部門を立ち上げる。
以後の主な作品『藍より青し』『真月譚月姫』『灼眼のシャナ』『とある魔術の禁書目録』『とらドラ!』『とある科学の超電磁砲』『食戟のソーマ』他。自社オリジナル作品として『光と水のダフネ』『奥様は魔法少女』『シゴフミ』『あの夏で待ってる』等。
制作2ライン体制で、TVシリーズ年間10クール、プラス、劇場、遊技機、OVA等を制作するアニメ制作スタジオ、総勢約200名の現在に至る。
OVA (オリジナル・ビデオ・アニメーション)とは
TV放送した作品の二次利用的なビデオパッケージではなく、最初からビデオパッケージ用として制作・販売されるアニメーションの総称。
OVAが初めて登場した80年代前半は、オリジナル作品も数多く制作されていたが、次第に原作もの(マンガ・ライトノベル等)のOVAが中心となる。
90年代前半の最盛期には、年間数百タイトルのOVAが制作されたが、90年代中盤から徐々にOVAマーケットは縮小し、入れ替わり、パッケージ販売を目的としたマニア向け深夜アニメーションシリーズが現在の主流となっている。
>>J.C.STAFF WEBサイト TOPへ © J.C.STAFF Co.,Ltd.